ジェネリック医薬品の処方も多いヘルペスの飲み薬

MENU

病院で処方されるヘルペスの飲み薬

内服薬

 

口唇ヘルペスや帯状疱疹になったとき、最短で治すなら内服薬(飲み薬)となります。

 

皮膚科でも内科でも、軟膏か飲み薬を選択できることが多いのですが、早く治したいと思いますので、多くの方は内服薬を選択します。

 

私も口唇ヘルペスが再発したときは、できる限り早く治したいので、内服薬を選択しています(^^)

 

※帯状疱疹の場合は内服薬となります。

 

治療に処方される飲み薬

 

口唇ヘルペスに処方される抗ウイルス剤は、いくつかの種類があります。

 

  • バラシクロビル
  • アシクロビル
  • バルトレックス錠500(ジェネリック)
  • ゾビラックス(ジェネリック)

 

この4つのどれかを処方されると思います。

 

私が病院で処方されたのは「バラシクロビル錠500」でした。

 

バルトレックス錠500

 

これらの薬は抗生物質と勘違いされる方も多いのですが、抗ウイルス化学療法剤なので、抗生物質とは異なります。

 

抗ウイルス剤の効果は、ヘルペスウイルスの増殖を抑える薬なので、単純疱疹(ヘルペス)・帯状疱疹・水疱瘡のときにも処方されます。

 

このお薬を飲むことで、病状の悪化を抑え、早く回復させることができます!

 

※効果が期待できるのは初期症状のとき。発症してから時間が経っていると、効果を実感できないケースが多い。

 

また、これらの抗ウイルス剤は安全性が高く、副作用が少ないと言われており、子どもにも処方されています。

 

飲む期間は5日間

 

バルトレックスなどの抗ウイルス剤は、原則5日間の飲用となりますが、症状などによって、医師の判断で数日伸びることもありますので、医師の判断に従いましょう!

 

再発を何度も繰り返す方は抑制療法というのがあり、日本でも1年間に6回以上再発を繰り返す方は、この治療を受けることができますので、皮膚科や内科で相談してみてください。

 

期間は1年程度となります。

 

ただし注意が必要なのは、この治療をしてもヘルペスウイルスは完治できないことです。

 

現在の医療技術を持っても、ヘルペスウイルスを消すことはできず、一度感染すると死ぬまで体内に潜んでいます。

 

死に直結する病気ではないため、軽視されることも多いのですが、何度も再発を繰り返す厄介な病気です。

 

抗ウイルス剤を使用した抑制療法をしても、数年後にはまた再発するケースもあり、何度も繰り返す方は、普段からの生活習慣を見直す必要があります。

 

最近ではヘルペスウイルスの活性を抑制する栄養素として「リジン」が注目されていますので、極力お薬に頼らずに再発予防したい方にオススメです。

 

実体験からヘルペスについての詳しい情報を紹介しています。
口唇ヘルペスを早く治す方法はこちら